2013年10月02日

「本当の図書館を求めて」(次の一年へ)

              
1、はじめに
今、武雄市図書館が売れています?全国から視察や若い人たちが訪れ、メディアも連日のように報道しています。が、その経過や実態については殆ど知られていないように思います。武雄市図書館・歴史資料館は、図書館という公共施設から蔦屋書店とスターバックスコーヒー中心の商業施設になりました。その公共施設と商業施設の融合?が、新しい図書館として全国から興味を持たれているのでしょう。また、その新しい図書館を評価し、追随する自治体も出てきているようです。全国に沢山の公立図書館がありますが、ここまで商業化した図書館は武雄市が初めてでしょう。2〜3年もすれば、今のように外部から人が訪れることもなくなり、人を呼ぶ図書館(観光施設)としての機能は終焉すると予想しています。

あと一つ忘れてならないのは、鍋島茂義侯を顕彰・その実積を展示していた蘭学館も、同時に壊されてしまったことです。今、佐賀市の三重津造船所跡が世界文化遺産の登録を目指しています。この造船所の切り口を開けたのも、茂義侯の武雄蘭学であったことを私たち武雄市民は忘れてはなりません。その功績を辿るために整備されていた、100吋の3Dビジョンなど約2,1億円分の情報機器類もすべて撤去され、館内は蔦屋書店のDVD・CDのレンタルコーナーになってしまいました。

商業化されたワンストップ型の図書館は若者には人気かもしれませんが、一方で子どもたちや高齢者を排除するような形になっています。私たち武雄市民は「知の拠点」としての図書館・歴史資料館を無くしてしまいましたが、そのツケは長期的に市民の知的レベル=市民力に現われて来るように思います。そのことは、地方分権時代の“自立のまちづくり力”を減衰させていくでしょう。

2、本当の図書館をもとめて
○本を読むと、本に登場する多くのモデルに出会います。小学生の頃、偉人伝・伝記ものを競って読みました。その多様な生き方や考え方は、一つのモデルとして、今も自分の身体の中に生きています。

○武雄市は図書館・歴史資料館の二つの施設を併設しました。技術立国日本の扉を開けた28代武雄領主・鍋島茂義侯の功績を後世に伝え、誇りにして欲しいと思ったからです。そのような過去の歴史から現在のまちづくり資料までを、広く公正に蓄積するのが両館の仕事です。その蓄積から過去を学び、夢のある未来を描くことができます。武雄の子どもたちが、茂義侯をモデルに世界に飛翔する“生きる力”を培う、その場が図書館・歴史資料館とその周辺の自然・歴史環境でした。

○そして、その膨大な資料に辿りつくために水先案内してくれるのが、図書館司書と歴史資料館学芸員のみなさんです。両者は専門知識を学び、情報の収集・蓄積保存・提供のプロです。子どもたちからお年寄りまで、温かく優しく資料・情報の場所に案内してくれていました。機械化・省力化は便利であっても、大切な人と人との温もりを奪っていきます。

○良い図書館があっても遠くでは行くのが大変です。私たちは昨年、市町村合併前の山内町・北方町にも本館と連携する兄弟館を造ることを提案しました。旧武雄市の本館だけでは無く、身近な生活圏の中にあれば普段着で気楽に行けます。急速に進む高齢・少子化の中で、身近な図書館が子どもの育ち・お年寄りの生きがいの「核」になり得ると思ったからです。

○子どもたちが絵本の読み聞かせに集まってきます。さらに絵本を覗きこんできます。絵本から言葉が次々に出てくるのが不思議なのです。人は言葉を持つことで、動物とは違う文明社会をつくってきました。言葉は自分の気持ちを相手に伝えるための大事なツールです。豊饒な言葉を持つことが、豊かな人間関係を築く基になります。言葉は使い方一つで、人を傷つけたり、人の心をほぐしたりしてくれます。

小さい頃から情報機器に接する事は、子どもたちの言語発達に障害を与えているように思います。ICT教育をすべて否定しませんが,子どもたちの発達段階に沿い慎重に進めることがなければ、子どもたちの育ちの環境にとんでもないリスクを生じさせるのではないでしょうか?分からないだけに心配しています。

3、おわりに
昨年7月、図書館・歴史資料館を学習する市民の会を立ち上げて一年が過ぎました。お盆8月14日に、総括的な「一年振り返り学習会」を開きました。
そのテーマが「本当の図書館を求めて!」でした。
次の一年に向けて、あらためて、本の力・図書館の力を地域の力にしていくことを考え行動していきます。
本当の図書館を求めて!みなさんご支援ください!
次代の子どもたちのために、半歩足を踏み出す勇気を持ちましょう!
ありがとうございました。

武雄市図書館歴史資料館を学習する市民の会 井上一夫(文責)
posted by 市民の会 at 20:00 | Comment(0) | 報告

2013年06月23日

図書館問題研究会第60回全国大会に参加しました

2013年6月16日〜18日に行われました、図書館問題研究会 第60回全国大会 鹿児島・指宿に参加しました。
以下は、『図書館の民営化・指定管理・委託・CCC武雄問題』 「民営化を考える−図書館に指定管理は似合わない Part 3−」として報告した内容です。

分科会に参加された方が、喪くしたものは・・・図書館児童サービスの視点からと題してブログを書いておられます。ぜひあわせてお読みください。

記事本文はPDFファイルをご覧ください
第60回図書館問題研究会IN指宿第2分科会報告.pdf

※クリックしても読めない方は、Adobe Readerのインストールを行ってから再度お試しください。
posted by 市民の会 at 22:57 | Comment(0) | 報告

2013年05月07日

「武雄市図書館を、モデルにしていいのですか?」

今、武雄市図書館のリニューアルオープンが、マスメディアに取り上げられ成功例のように持ちあげられている。その原因の一つに、一方向的で表層的な取材、無責任な報道内容にあるのではないかと思う。そのことからこの稿で、少しでも実態を知っていただきたいと思っている。

わが市長は、武雄市図書館を今からの日本の新しい図書館のロールモデル、武雄市政を地域主権時代の地方自治ロールモデルと広言(公言)している。その二つについても相当危ういと考えているが、時間経過と共にそのことも明らかになっていくだろう。何れにしても、そこまで言わせることについて一市民として責任を感じないわけではない…

記事本文はPDFファイルをご覧ください
武雄市図書館を、モデルにしていいのですか?.pdf

※クリックしても読めない方は、Adobe Readerのインストールを行ってから再度お試しください。
posted by 市民の会 at 16:41 | Comment(0) | 報告

2013年04月27日

「壊された私たちの美しい図書館・歴史資料館 」

4月1日、武雄市図書館・歴史資料館がリニューアルオープンした。開館早々、両館への来館者は多く、例年にない賑わいを見せている。3月末、オープン前の内覧会に参加したが、以前に比べ館内外の華やかさには驚くというより情けなくなってしまった。

それは私たちの静かで美しい図書館が、書店・喫茶店・DVD・CDコーナーに一変していたからである。想像はしていたが、“ここまでやるか”という感じである…

記事本文はPDFファイルをご覧ください
壊された私たちの図書館・歴史資料館.pdf

※クリックしても読めない方は、Adobe Readerのインストールを行ってから再度お試しください。
posted by 市民の会 at 13:36 | Comment(0) | 報告

2013年04月17日

現場からの報告(2)江戸のサイエンス―武雄蘭学の軌跡―

江戸のサイエンス―武雄蘭学の軌跡―


大宰府の九州国立博物館で、上記の展示会が開催されます。日時は今月の16日(火)から7月7日(日)までです。
5月25日(土)の13時から16時30分まで、講演会が開催されます。この講演会参加の事前申し込みは不要です。場所は、1階のミュージアムホールです。(参加無料)

5月の学習会は、この講演会の参加を計画しています。市民の皆さまのご参加をお待ちしています。

記事本文はPDFファイルをご覧ください
現地からの報告(2).pdf
posted by 市民の会 at 18:41 | Comment(0) | 報告