2013年12月21日

今年を振り返って

市民のみなさま

今年も10日を残すだけになりました。

みなさまには、お正月のご準備にお忙しくお過ごしのことと思います。

さて、学習会の活動も2年目に入り、今年は現地見学やマスコミ対応に加え、全国の図書館関係者から報告要請も多くあり、大変忙しく一年間が過ぎてしまいました。

その間にも、市教委への公開質問状の提出などを通して、問題点を明らかにしていく日常活動は継続してまいりました。ただ、コアメンバーの人数や時間や経済的な制約もあり、市民学習会の開催が一年目より少なかったのは否めないと反省しています。

つきましては、学習会でご報告出来なかったデータについて、まとめてPDF形式でアップしますので、お正月にでもごゆっくりプリントアウトしていただき、自宅学習をよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、新しい年もさらに市民学習の機会創出にコアメンバー一丸となり、努力してまいりますので引き続きご支援・ご協力よろしくお願いいたします。

武雄市図書館・歴史資料館を学習する市民の会 コアメンバー一同

≪学習資料紹介≫
資料1)10月10日、市教委に公開質問状を提出しました。その質問と回答、その回答に対する会のコメントを付加しています。このQ&Aを通して問題点が明らかになります。

資料2)公開質問状の中で、特に施設の安全面のことについては、利用者安全の面からも緊急を要する事と考え、折り返し意見書を市教委に提出いたしました。

資料3)11月21日〜22日、全国図書館大会が福岡市で開催されました。その会場に会から武雄問題について報告メッセージをおくり、併せて改修前の私たちの美しい図書館を写真で紹介しました。ぜひ、ご家族お揃いでご覧ください。

資料4)11月22日〜23日、全国図書館大会のオプションとして「武雄温泉、武雄市図書館・歴史資料館、伊万里市民図書館」の見学・学習会を主催しました。全国から20名を超えるご参加をいただき、大変好評を得ることができました。
ここでは、今回は私たちの「会」の報告だけをアップしていますが、新年には全国からご参加いただいた皆さまの見学記を、順次アップさせていただくよう準備を進めています。よろしくおねがいします。


資料1.pdf
資料2.pdf
資料3-1.pdf
資料3-2.pdf
資料3-3
資料3-4
資料4.pdf
posted by 市民の会 at 21:33 | Comment(0) | 参考資料

2013年09月13日

「「武雄市図書館の民間会社による管理・運営に関する声明書」図書館友の会全国連絡会」とその回答書

「武雄市図書館の民間会社による管理・運営に関する声明書」図書館友の会全国連絡会.pdf
図友連声明書に対する武雄市長・武雄市教育長の回答書.pdf
図友連声明書に対する武雄市議会の回答書.pdf
posted by 市民の会 at 18:05 | Comment(1) | 参考資料

2013年07月15日

図書館友の会全国連絡会「武雄市図書館の民間会社による管理・運営に関する声明書」

全国の図書館友の会をつなぐネットワーク。「図書館友の会全国連絡会」が、武雄市図書館の民間会社による管理・運営に関して、声明書を出しました。
こちらにも掲載いたしますので、ぜひご一読ください。

声明書はPDFファイルをご覧ください
「武雄市図書館の民間会社による管理・運営に関する声明書」の送付について
武雄市図書館の民間会社による管理・運営に関する声明書

※クリックしても読めない方は、Adobe Readerのインストールを行ってから再度お試しください。
posted by 市民の会 at 14:09 | Comment(0) | 参考資料

2013年03月06日

日本書籍出版協会が武雄市図書館に関する質問書を提出

日本書籍出版協会は3月4日付で、武雄市図書館に関する質問書を提出しました。
武雄市図書館に関する質問書.pdf
posted by 市民の会 at 12:53 | Comment(0) | 参考資料

2013年01月28日

知的基盤を奪われた武雄市民修正文の説明(原文と修正文)

佐賀新聞 ばってんがサイト 原稿

「知的基盤を奪われる武雄市民」 ―武雄市図書館・歴史資料館問題から(U)

「50年後に楽しみを得たければ木を植えよ、100年後に楽しみを得たければ人を育てよ」1970年代の始め旧武雄市3代目市長本山昌太郎と収入役石井義彦(5代目市長)は、武雄市文化施設群構想を発表した。

日本最初の大砲を鋳造し日本近代化の先陣を執った武雄領主鍋島茂義侯の顕彰、その屋敷跡の再生とその周辺に歴史・文化・教育施設を配置する壮大な群計画であった。

茂義侯の屋敷跡は大小ホール・集会施設・公民館・青少年ホームからなる武雄市文化会館を建設した。

その後、競輪事業の売り上げ減や地方自治体財政困窮化の中で、日本を代表する武雄蘭学資料を収蔵する資料館と図書館の建築は、その文化会館の建設から遅れること24年・2000年10月、ようやくオープンに漕ぎ着けたのである…

知的基盤を奪われた武雄市民修正文の説明(原文と修正文).pdf
posted by 市民の会 at 23:48 | Comment(0) | 参考資料