2014年04月01日

市長選・市議選の候補者に公開質問状を提出しました

3月29日の市民学習会で市長選・市議選の候補者に公開質問状を提出する事を決めました。

その場で叩き台的な提案を行い最終案はコア会議で決めさせていただきました。

昨31日各選挙事務所を訪問し回答のお願いをしてきました。

回答日時は4月3日12時にしていますので各回答は即時ホームページにアップする予定です。

市長選・市議選ともに質問は3問にしています。

1.2の質問は地方自治の基本的スタンスを問うモノです。

市長選の3.の質問は「武雄蘭学館を即時原形復旧」を問うモノです。3月16日文化審議会は武雄蘭学・洋学資料2224点を一挙「国重文」に指定するよう答申しました。このことは武雄市指定文化財にとどめておけば、貴重な国民的歴史資源が保存継承されるのか?その危機感の表れではないでしょうか。

市議選の3.の質問は「タブレット端末と反転授業」を問うモノです。ICT教育を否定するものではありませんが、今までにない教育システムを導入するのであれば、その哲学(philosophy)計画(plan)工程(program)を示し、全市民に対して丁寧な説明を行い理解を求めるのが先ではないでしょうか。そのことが各家庭の不安を招いているのだと思います。

学習する市民の会は2012年7月に立ち上げました。翌月8月29日の学習会資料を公開質問状と合わせて添付していますが、その時点での疑問について3年目に入っても納得のいく説明は得られず今日に至っています。

武雄市図書館・歴史資料館問題は、地方自治の運営そのものにあるのではないか、という認識から市長選・市議選の質問1.2.は上げられています。

PDFで添付していますので原点に立ち返るような気持ちでご一読ください。

武雄市長・武雄市議会議員 候補.pdf
0829学習会資料.pdf
posted by 市民の会 at 17:56 | Comment(0) | 公開質問
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。