2013年10月14日

武雄市教育委員会に『公開質問状』を提出しました


『公開質問状』
武雄市教育委員会                   平成25年10月10日
教育委員長 諸石 洋之助 殿
教育長    浦郷 究    殿
武雄市図書館・歴史資料館を学習する市民の会
代表世話人   武雄芳輔   井上一夫

『公開質問状』
日ごろから、私たちの学習する市民の会にご支援・ご協力いただき、心より感謝申し上げます。さて、武雄市図書館・歴史資料館を学習する市民の会(以下「会」)は、昨年7月に立上げ1年間市民のみなさまと共に学習してまいりました。

さて、「会」では8月14日に「一年振り返り学習会」を開催しました。そのまとめと一年間コア会議で議論したことをリストアップし、公開質問状として提出させていただくことにしました。

昨年も10月10日付で、13項目にわたり公開質問状を提出させていただいています。今回もその例に倣って年一回の公開質問状を提出いたしますが、既に図書館は改修を終え営業活動に入っている段階であり、昨年は総括的にしか応えていただけませんでしたが、今回は項目ごとに詳細な回答がいただけるものと期待しています。

質問内容は既成の事柄が多く、15日後(最大30日後)のご回答をお願いたします。なお、引き続き今年度の「会」の学習会に、市教委からのご参加をよろしくお願いいたします。今年のテーマは「本当の図書館を求めて!」です。

公開質問の概要
T、公共建築として利用者安全の問題
  改修後の図書館は火事・地震などの災害に対して利用者安全が十分に確保されていません。公共建築としては欠陥ではないですか?

U、公共図書館としてその機能の問題
  公共図書館としてその機能が不十分です。商業部分を重要視した結果、図書館として壊滅的状況になっています。

V、歴史資料館を蔦屋書店に渡した問題
  今回、指定管理者の業務範囲以外の蘭学館が、なぜ、突然に蔦屋書店のDVDCDレンタルコーナーに変更されたのでしょうか?武雄蘭学の功績を無視した暴挙です。

W、行政手続き上の問題
  CCCのノウハウを信用して進められた改修工事は、いいように蔦屋書店中心の商業施設に変えられました。非民主的な行政手続きが、その根幹にあると思います。

X、その他教育の問題・ICT教育について
  “百の議論より一の実行”で進めた社会教育政策は壊滅的になりました。学校教育政策・子ども政策は失敗は許されません。透明性をもって慎重に進めてください。 

20131012_公開質問状・武雄市教育委員会(詳細・写真付き).pdf
取り戻そう私たちの美しい図書館・歴史資料館.pdf
平成24年10月10日教育委員会への公開質問状.pdf
平成24年度公開質問状への教育委員会からの回答.pdf 
posted by 市民の会 at 13:00 | Comment(1) | 公開質問
この記事へのコメント
鹿島市民です。以前は、蔵書の新刊書の揃えがいいことから、鹿島市図書館ではなく武雄市図書館を頻繁に利用していました。新刊書の購入は増えてないのに、人ばかり多くなったため、利用しなくなりました。
Posted by at 2013年10月16日 11:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。