2013年10月06日

グットデザイン賞と武雄市図書館のこと

2013年10月2日の佐賀新聞に、武雄市図書館がグットデザイン賞特別賞候補100に選ばれたと報道され驚いた。その選定理由に、本の面白さを伝えるという原点に立ち返り、探しやすさ、読む楽しさ、利用し易さを官民共同で追及している、と書かれている。これにも驚いたが自己申告のデザイン賞であり、応募者のコメントをそのまま載せたのだろうが、もう少し現場を検証する必要があるのではないか。

グットデザイン賞と言えば直ぐに思いだすのが、故森正洋さんのデザインで波佐見の白山製陶が58年に製作した「G型醤油さし」である。61年の第一回グットデザイン賞に選ばれ、50年以上も使われ続けている正真正銘の“グットデザイン”である。

この作品は容器と蓋だけのシンプルな構造だが、その全体の姿の美しさと共に、蓋のつまみを指で押さえれば量も微調整できるという優れモノである。デザインと機能二つが揃っての受賞であり、50年以上も家庭の食卓で愛され続けている理由だろう。

グットデザイン賞の目で、武雄図書館を見てみよう。改修前の図書館は文句なしのグットデザイン特別賞モノである。すでに、佐賀県快適建築賞特別賞を受け、そのデザイン性は評価済みである。それでは、現在の作品がそれに値するかについて私は否であると思う。

具体的に少し見てみたい。外部デザインについては大きく変わっていないが、蘭学館のオランダタイル張の外壁に“武雄市図書館”という電飾看板は商業主義的過ぎると思う。

内部については、前はコンクリート打放しの柱壁に、上部柱と屋根組は木造という二つのコントラストでシンプルな美しさがあった。特に、上部壁のコンクリート打放し面は、南側の連続したスリット窓からの光を反射し、自然光で図書館内全体を明るくする機能的・省エネ的に考えられたものであろう。(写真左)今回はその壁面に≒4bの高い書架がつくられたことにより、館内の大部分を人口照明に頼らざるを得ない状況になっている。

前は高さ≒1,5bの書架が1階だけに配置され、車椅子ベビーカーで容易に廻ることが出来たが、今は高い書架が配置され迷路のような閲覧動線に変えられており、これが“探しやすさ・利用し易さ”の評価になるとはとても思えない。(写真右)

グットデザイン賞も50年以上の時間が経ち、その評価の視点が変わったのだろうか?
“G型醤油さし”に代表されるような“機能美”こそ、評価してほしいと思っているが、そのことが私たち市民にも“デザイン感覚”が培われていくことにつながるのではないか。

有名デザイナーのデザイン押し売りはご免蒙りたいし、デザイン賞が販促活動に利用されているように見えるのも違和感を覚える。50年が過ぎ、原点から日本のグットデザインを市民のために考えてほしい。

井上一夫

(参考に写真を添付。G型醤油さしは白山陶器のカタログから。図書館写真は「武雄市図書館・歴史資料館を学習する市民の会」の資料。)

10月6日参考資料.pdf
G型しょうゆさし.pdf
posted by 市民の会 at 11:30 | Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。