2013年08月08日

「1年振り返り・市民学習会」 武雄市図書館・歴史資料館を学習する市民の会

お盆に、図書館・歴史資料館のこと、考えてみませんか!
「1年振り返り・市民学習会」

日  時 2013年8月14日(水)13時〜16時
場  所 武雄市文化会館 大集会室A
会  費 無  (当日資料印刷費のカンパをお願いします。)
資料内容 
@ 武雄市図書館・歴史資料館問題集 A4横30P
A 図書館関係者は新しい図書館をどう評価しているか
B 武雄市図書館・歴史資料館の前と後
主  催 武雄市図書館・歴史資料館を学習する市民の会
後  援 図書館友の会全国連絡会(申請中)

≪学習会レジュメ≫
1) 私たちの美しい図書館・歴史資料館(報告:パワーポイント)
2) 壊滅的状況の図書館・歴史資料館 (報告:    〃  )     
3) この一年の振り返り       (報告: 資料@   ) 
4) 拡散する武雄モデル
5) 何が問題なのか
5−1)地方分権とは何か?地方自治はどうなる?
5−2)武雄モデルが拡散する今の状況
5−3)今、なぜ、図書館?(関東大震災、そして、東日本大震災の後に、)

≪会からのメッセージ≫
私たち、武雄市図書館・歴史資料館を学習する市民の会は、昨年5月、突然発表された武雄市図書館の指定管理者移行について、驚き、7月に急遽立ち上げた市民学習会です。 

情報の少ない中、全国からの図書館関係者の支援・市民のみなさまからの励ましを受け、今日まで運営してまいりました。一年が経過し、図書館・歴史資料館の状況も見える状況になり、その評価・今後の学習方向などを議論する「振り返り学習会」を計画しました。

私たちは、今回の問題について、ただ反対しているわけではありません。市民一人ひとりが、図書館・歴史資料館のあるべき姿を求め・行動していかなければ、「自分の図書館を獲得する事が出来ない」と思っているだけです。

地方分権の時代は、市民人一人の力の集積・市民力の大きさに左右されます。その力を与えてくれるのが、図書館・歴史資料館と考えます。お盆の仲日に計画したのは、故郷に帰省の皆さんに、ぜひ、聞いてほしい・ご報告しなければならない、と思ったからです。

大変お忙しいとは思いますが、お盆の仲日の3時間、どうぞ、よろしくお願い申しあげます。

武雄市図書館・歴史資料館を学習する市民の会


『武雄市図書館 に行きました。』〜ある県の図書館司書メンバー複数人にコメントをお願いしました〜.pdf
武雄市図書館・歴史資料館の「前」「後」の比較.pdf
posted by 市民の会 at 01:18 | Comment(1) | 学習会
この記事へのコメント
このページが開きません。
武雄市図書館・歴史資料館の「前」「後」の比較.pdf
Posted by 福富洋一郎 at 2013年09月02日 12:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。