2013年05月07日

「武雄市図書館を、モデルにしていいのですか?」

今、武雄市図書館のリニューアルオープンが、マスメディアに取り上げられ成功例のように持ちあげられている。その原因の一つに、一方向的で表層的な取材、無責任な報道内容にあるのではないかと思う。そのことからこの稿で、少しでも実態を知っていただきたいと思っている。

わが市長は、武雄市図書館を今からの日本の新しい図書館のロールモデル、武雄市政を地域主権時代の地方自治ロールモデルと広言(公言)している。その二つについても相当危ういと考えているが、時間経過と共にそのことも明らかになっていくだろう。何れにしても、そこまで言わせることについて一市民として責任を感じないわけではない…

記事本文はPDFファイルをご覧ください
武雄市図書館を、モデルにしていいのですか?.pdf

※クリックしても読めない方は、Adobe Readerのインストールを行ってから再度お試しください。
posted by 市民の会 at 16:41 | Comment(0) | 報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。